副作用,心配

該当する方は副作用の心配があるので飲まないで!!

ロイヤルハニーアップは女性ホルモンに直接作用するため
副作用の関係でお薦めできない方もいます。

 

妊娠中の方、生理中の方、 甲状腺異常、女性特有のがん、
生殖器系の病気がある方、
ピルを服用中の方
..,です。
現代の日本人では、ピルを服用している女性は多いですが
服用している理由は、人によってさまざまです。
生理痛を軽くするためや、生理周期を安定させるため、妊娠を希望しない女性など様々です。

 

なぜピルとロイヤルハニーアップの併用は副作用がおきやすいのでしょうか?

ロイヤルハニーアップには一般のバストアップサプリメント同様、
プエラリアミフィリカが豊富に含まれています。
プエラリアに含まれるミロエステロールやデオキシミロエステロールなどは
大豆イソフラボンの約1000倍程の活性力をもっているとされるエストロゲンの成分です。

 

活性化されたエストロゲンが力を発揮し、バストの乳腺がどんどん発達・増殖して乳腺が発達し、
乳腺脂肪が増えてくるので、バストが大きくなる仕組みです。

 

ピルを服用している女性は、すでに通常よりも多くのエストロゲンが体内に入って働いてる状態です。
妊娠が成立した時に分泌される上記2つのホルモンの1/20以下程度の量が含まれています。
妊娠している状態に近くなるので、排卵をしなくなります。
さらにサプリメントのプエラリアを摂取してしまうと、エストロゲンがさらに急激に増え
エストロゲンの過剰摂取になり、体調の変化やトラブルの元になります。
ピルには、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの分泌を促す成分が含まれています。

 

一方バストアップサプリの中にも同じような女性ホルモンの分泌を促す成分が含まれているので、
併用すると体に大きな負担をかけます。

 

副作用症状

頭痛や吐き気、肝機能障害、精神不安定、嫌悪感、不正出血、月経不順などが上げられます。
 ホルモンバランスの変化による効果にきびの改善、多毛症の改善や卵巣のう腫や子宮外妊娠の減少など良性の乳房疾患の減少、
子宮体がんのリスク低下などの効果もあると言われております。

 

 

ロイヤルハニーアップは飲む時期も大事です。

飲むタイミングで効果的なのは「生理が終わってから排卵日まで」です。

 

生理中にエストロゲンを含んだサプリメントを摂取すると、頭痛や吐き気、
生理が遅れるなどの副作用の症状がまれに起こる可能性もあります。

 

バストアッブ目的でプエラリアを飲むのは、女性ホルモンが安定していない10代で飲むのは控えた方が良いでしょう。
ロイヤルハニーアップは女性ホルモンに直接作用するサプリメントですのて、飲む時期や併用、過剰摂取には気をつけなければ行けません。