副作用

副作用について

副作用
ロイヤルハニーアップを愛用して頂いてる方からは副作用の報告はありませんが、
飲み方などによっては、副作用が起こることはあります。

 

用法容量を守らなければいけないことはもちろんですが飲み始めはサプリメントへの慣れというものもあります。
体質は日々変化していくものなので、飲む量はその日の体調や時期によって流動的に変えていくといいでしょう。

 

大きな効果を期待して記載されている量よりも大量に飲む過剰摂取といった行為をすると副作用が起こる可能性が高くなります。
副作用はサプリメントを過剰摂取した場合だけだはなく、生理の時、妊娠した時など、またお酒と一緒に飲んだ時に現れやすいと言われます。

 

副作用の症状

吐き気や倦怠感、生理不順、貧血といった症状があげられます。
含有成分のプエラリア・ミリフィカは1日に400mg以上摂ると副作用は出やすいと言われております。
副作用が起こるのは、プエラリアの中にあるエストロゲン活性を持つ成分の作用が強すぎるせいなのです。

 

生理中はエストロゲンの分泌量が少ない時期ですし、
また、女性の身体的にデリケートな時期でもあるので服用はやめておいた方が良いでしょう。
このデリケートな時期にエストロゲン様作用のあるプエラリア系のサプリを摂取すると体調が悪くなる可能性があります。

 

 

安全性が高いと思われる天然の植物を原料にしているので、
サプリメントに明記されている用法・容量を守ることができれば、ほとんど無いと考えて良いようです。

 

ワイルドヤムにも副作用

ワイルドヤムには女性ホルモンであるプロゲステロやエストロゲンを生成するジオスゲニンというサポニンが含有されていて、
バストアップや更年期障害や生理前の精神的不安・体調不良などの緩和、肌を白く美しくする、という効能があり、
プエラリアよりも美容効果が高いと言われています。

 

ワイルドヤムはメキシコが原産地であるヤマイモのことで、これは野菜なのです。

これを多量に摂取した場合、
下痢や、脂性肌とそれによるニキビの噴出、顔に毛が生える、などの副作用がでると言われております。

 

精神的な副作用

更年期障害に似ていて、精神が不安定になり、怒りっぽくなったり、以前に比べて気分が変わりやすくなったりします。
さらには、20歳未満の女性の場合は症状が一定しない場合もあります。
これは、ホルモンバランスが変化するためと思われます。

 


症状が出てきたら、直ぐに服用を中断することをおすすめします。
心配な方は服用する場合は最低限の量から開始して、終始様子を見ながら徐々に利用するようにしましょう。
芋アレルギーや大豆アレルギーがある方も注意が必要です。

 

メーカー指定の摂取量を守り、10代から20代は女性ホルモンの分泌量が多いため、控えめの量で始める事をお薦めします。
(初潮前はエストロゲン分泌が盛んなため、プエラリアを含むサプリメントの摂取はやめましょう。)
生理中、妊娠中、授乳中の摂取は避け、
乳ガン、子宮ガン、卵巣ガン、甲状腺異常、その他の生殖器の疾患がある場合は摂取をやめましょう。
以上の事を気を付ければ副作用の心配はありません。