貧乳,原因

貧乳の原因とは

バストが大きくならない原因の98%以上は、「生活環境」にあるのです。
特に大きな原因として考えられるのは、女性ホルモンのバランスが崩れてしまっていることです。

 

過度なダイエットによる食事制限や栄養バランスの偏りで、ホルモンバランスが崩れ、
バストの細胞の動きを悪くします。
ダイエットで食事制限をすると、最初に痩せるのは胸なのです。

睡眠不足は肌荒れや更年期障害の原因ともなり、健康のためにもよくありません。

 

仕事や恋愛、人間関係でのストレスもバストアップには大敵です。
イライラは女性ホルモンの分泌を悪くし、胸の成長を妨げてしまいます

 

貧乳になってしまう原因

・今貧乳で悩んでいる方は、成長期の10代に、不規則な生活や喫煙、
 ストレスが大きく影響してたかもしれません。

 

・運動も大事です。
 運動不足でグータラ生活をしていると、血液やリンパの流れが悪くなり、
 姿勢が悪いせいで血液やリンパの流れが悪くなり
 バストの土台(大胸筋)が弱ることから、胸の成長を妨げてしまいます。
 血液やリンパの流れが悪いとバストに酸素や栄養が届きませんし、
 バストの土台が出来ていないとバストにうまく脂肪が付かないのです。

 

・体を冷やすと胸が小さい原因になっていると言われています。
 胸を触ってみて冷たく感じる方も多いと思います。
 体が冷えるというのは血行が良くないということなのです。
 血行が良くないと体にはいろいろと不具合が生じてきます。

 

バストアップには

・日常生活の中で適度な運動を取り入れると良いでしょう。
 ジョギングをしたり、体操をしたり、普段エレベーターを使う所を階段でいくのも効果的です。
 一時的な運動ではなく毎日続けることが大切になります。

 

・半身浴をしたり、ストレッチをしたりして少しでも血行が良くなるような努力
 寒い冬は特に耳や指先など体から出ている部分が他の部分より特に冷たくなっているように、
 バストも冷えているので温める工夫をしてください。

 

生活習慣を見直せば、貧乳から卒業できるはずです!